縄文・弥生時代

■縄文時代の熊本市は、どんな様子だったのでしょうか。
■縄文時代には、「縄文海進」(かいしん)と言って、温暖化が進み、今の海水面より最高で5m高かったと言われています(平均2〜3m)。その証拠が天草1号橋の下に残っています。右側が満潮時のものですが、その上に削られた後が残っているのが見えますね。これが縄文海進跡です。もちろん、これは前期のことで、徐々に海は後退していき、現在の海水面になっていきます。
 
■左の地図は、熊本県中部(中心部が熊本市)の写真ですが、5m以下の部分を青く着色してみました。すると、市南部は全域、東部も画図町まで最大期の満潮時には海水が来ていたと思われます。
 一新小学校は、戸坂等の台地の北側ですので、最初から陸だったようです。ちなみに、現在の井芹川で見てみると、満潮時には尾崎橋まで海水が逆流しているようです。
■この5mライン前後に、貝塚や古墳の跡地が見つかっています。身近には、高橋稲荷神社の赤い橋を建設する時には、高橋貝塚が出現しました。また、近くの高橋団地建設時に遺跡(高田遺跡)が出現しました。これらは縄文中期から後期のものと言われています(縄文時代は1万年続く、長いスパンの時代です)。
 

■では、弥生時代の熊本市は、どんな様子だったのでしょうか。

■上の高田遺跡からは、弥生土器も出土しています。
 
年表






















46億年前
地球誕生
300万年前
人類誕生
2万年前
氷河期で大陸と陸続きとなる















1万年前
縄文土器・石槍・石斧・石鏃使用

(材料のな1つである黒曜石)


7500年前
竪穴住居・ムラ・貝塚・土偶出現

(城南町の阿高・御領貝塚)

4500年前
縄文海進最高潮
3000年前
縄文土器の発達・ピラミッド建設
(稲作始まる)



BC400年
稲作始まる・石器の発達・甕棺墓出現
BC239
女王卑弥呼が魏国より親魏倭王の称号を受ける(邪馬台国)
銅剣・銅鐸・銅鏡・銅鉾等々の使用
弥生土器・土師器・高床倉庫使用

AD300年