9.素材開発

◆仕入れた土産物=モノをここで紹介する。これが私の授業パターンである。今後は、これらの
素材から教材研究を進めていき、授業化を行っていく。

❶フォトランゲージ教材(一部)

 
(何をしているのだろう。 何を売っているのだろう。 何を乗せているのだろう。等々)

❷ビーズ

  
(ビーズ市場=コフォリドーア)   (現代版のビーズ)         (同)
  
(現代版のビーズ)          (キャメルボーン)          (トレードビーズ)

◆シェブロンというのが欠けているが、これはベネチアなどからの輸入品でトレードビーズ同様
高価で ある。キャメルボーンは、ラクダの骨を使って作られたモノである。問題はトレードビーズ
である。これを 授業化したいと考えているところである。

❸本場チョコ(これが本当のガーナチョコレート)


(カカオ豆は別のページ参照である。)

❹モノランゲージ(1000セディに印刷されているカカオと鉱物資源)

❺民族衣装(左=女性用 右=男性用)

 

❻民族モノ(太鼓、木彫り物=教育事務所からのプレゼント)

 

❼女性活動の一環として現金収入の石鹸(パーム油からつくられたモノ)

❽教科書と切手